« タイトル これでいいのか、個人情報保護法の現状 | トップページ | 宮本重信さんよりメール »

2006年4月25日 (火)

西日本新聞 / 科学・環境 [配管下に微量の放射性物質 再処理工場の地下道で]

リンク: 西日本新聞 / 科学・環境 [配管下に微量の放射性物質 再処理工場の地下道で].

配管下に微量の放射性物質 再処理工場の地下道で 日本原燃は24日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で23日夕、コンクリート製の地下道を通る配管の下に設置された受け皿から、微量の放射性物質を検出したと発表した。環境への影響はないという。  同社は配管から漏れた可能性もあるとみて調べている。  同社によると配管は、使用済み核燃料からウランとプルトニウムを分離する分離建屋と、不純物を取り除く精製建屋をつないでいる。漏えいを検知する受け皿の液の量が増えたため分析していた。 2006年04月24日12時05分

原子力資料情報室よりのメールで知った。資料情報室の問い合わせに日本原燃はHPでと言ったそうです。

|

« タイトル これでいいのか、個人情報保護法の現状 | トップページ | 宮本重信さんよりメール »

コメント

だれかに読んでもらっているとうれしい。
再処理 福井県民として責任は感じています。

チェルノブイリのウクライナでまた原発が始まるので、残念。
手っ取り早いのが原発か。自然エネは地道でてまもかかるか。でもいいと思うが。

投稿: ikeo | 2006年4月27日 (木) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32834/9756759

この記事へのトラックバック一覧です: 西日本新聞 / 科学・環境 [配管下に微量の放射性物質 再処理工場の地下道で]:

» 【緊急】放射性廃液が海に流れ出る前に [SENZA FINE]
“STOP!再処理 ネットワーキング”に参加しませんか。「再処理反対」それだけで繋がりあった各個人(サイト)が、自由な方法で、ネットワークを大きく拡げていく運動です。 最新情報追記4月25日:4月23日、配管からの放射性物質の漏えがありました。しかし原因がはっ...... [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 00時22分

» セラフィールド漏洩事故についての報道状況:英国あ〜んど日本 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
【濃縮硝酸に溶解された高レベル放射能の核燃料が、オリンピック・サイズ競泳プールの半分を満たすほども漏えいしたため、セラフィールドのソープ再処理工場は閉鎖に追い込まれた。】ガーディアンhttp://www.jca.apc.org/mihama/uk_france/guard050509.htm というのに、検索した限り、日本での報道は共同のみ。http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/2005051... [続きを読む]

受信: 2006年5月 3日 (水) 23時54分

« タイトル これでいいのか、個人情報保護法の現状 | トップページ | 宮本重信さんよりメール »