2005年7月 3日 (日)

(有)おめめどう-自閉症サポート企画-

DSCN0002 リンク: (有)おめめどう-自閉症サポート企画-.

今日 この人の講演会が敦賀であったが 所用で行けずでした。

千夏は当面 紙を口の中に入れ ビデオの操作に明け暮れているので これでいいかを相談したいが 有料の相談で 今 未歩にもお金がかかっているので厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

aml より教科書 私も見に行きたい 明日忘れなかったら

H18年度用の【中学校教科書展示会】は7月6日くらいまで開かれているところ
が多いと思いますので、在住の都道府県のホームページで会場を調べてぜひ行ってみ
て下さい。
 
 まだ3~4日間あるわけで、どうか皆さん、1時間でも2時間でもお時間をやりく
りして、6社の歴史・公民の教科書をじかに手に取って、読み比べてみてはいかがで
しょうか。
 
 ご自分の関心のあるテーマを、一つでも決めて読み比べてみると面白いと思いま
す。
 
 私は3日目のテーマに1910年の「大逆事件」と「韓国併合」を選びました。
 
 私は、6/27、28、30の3日間、夕方涼しくなった3時過ぎころから、地元中学校の
教科書展示会場に通いました。我が町の人口は2万9千人近いのに、受付簿には6/30
現在、私の名前しか載っていませんでした。
 この展示会場がもっともっと賑ったらいいのにな~と思いました。
 私はもっと読みに通いたいと思いました。
 
 私が目をとおした歴史・公民中学校用教科書は
①東京書籍②帝国書院③清水書院④教育出版⑤日本文教出版⑥扶桑社の6社です。

★1日目6/27・・主に表紙、見開き部分のカラーページ。裏表紙の見開きカラーペー
ジ。
そして、全教科書にざっと目を通しました。
 印象に残った教科書・・*教育出版 【公民】表紙の副題 共に生きる 見開きの
1ページ全部に点字の八王子市の防災マップ、次ページには、障害者と共に楽しむス
ポーツ特集 前書き「公民の学習を始めるにあたって」は、ある先輩からの手紙で、
この3月の中学校卒業生からのささやかなアドバイスの手紙が1ページ全部に 後見
返し写真集「ともに働く」
 【歴史】表紙副題 未来をみつめて 見開き写真 「アジアの世界遺産」 裏表紙
見返し写真 ひとびと探検隊「現代に生きた人々」「平和を願う人々」 またp202
には、次の文章があり、他の教科書には無かったように思います。「世界の中の市民
として 私たちは戦争の放棄を宣言した日本国憲法と非核三原則を守り、世界の平和
とあらゆる国の人々との平等なつながりを求め、ともに、力を出し合っていきましょ
う。」
 *扶桑社版は【歴史】と【公民】の見開きグラビア写真は【歴史】の「日本の美の
形」にしても【公民】の「世界で活躍する日本人」にしても(ノーベル賞の小柴さん
や田中さん、サッカーの中田選手や大リーグの松井選手、アカデミー賞の宮崎駿さん
や小沢征爾さんが紹介されている中で、「PKOで活動で活躍する自衛隊」が一番大
きく扱われていた) 国威高揚を謀るものばかり。【歴史】裏表紙見返しの世界地図
は第1次と第2次の世界大戦前の各大国の領土を色分けしたもの。また、天皇、天皇
家を賛美する記述や写真多し。そして「歴史を学んで」のあとがきでは、謙虚さも反
省心も欠如した次のような言葉が・・「(前略)ところが今や、欧米諸国に追いつく
という近代日本がかかげた目標を達成し、日本はどの国も目標にできない立場におか
れるようになった。これが、日本人が方向を見失いつつある一つの理由である。(後
略)」
 *参考 6/16付愛媛新聞に扶桑社版執筆者の1人拓殖大教授 藤岡信勝氏が、シン
ポでコーディネーターを務めた時に次のような発言をしている記事があった。【日本
の美の形】について「日本人の美的感覚がいかに優れているか感じていただけるだろ
う。興福寺の阿修羅像、こういう素晴らしい作品は日本にしかない。中国などと比較
しても歴然としている。」また、同新聞に載った発言の最後を非常に気になる言葉で
こう結んでいる。「教科書問題はまだ解決していないが、今年大きな突破口が開かれ
れば、日本人が自国の歴史を回復するという意味で日露戦争勝利に匹敵すると思って
いる。」

★2日目6/28・・*日本文教出版 他の教科書にないユニークで自由な内容と写真、
たとえば【公民】でアウン・サン・スーチンさんのことを大きく取り上げていたり、
歴史では、韓国併合についてもかなり踏み込んだ記述や写真になっている。創氏改
名、朝鮮神宮(日本の神様を奉っている)の写真 台湾での日本軍徴兵検査の写真、
大逆事件での12名の処刑判決報道の載った新聞写真など。*帝国書院 【歴史】表紙
副題 日本の歩みと世界の動き 歴史を学ぶにあたってーー「世界が一体化する時代
に必要な歴史」【公民】表紙副題 「地球市民をめざして」また、p94には、「さら
にもう一歩コラム」に「コスタリカの平和憲法」が紹介されていた。*東京書籍【公
民】見開き写真 世界の民主主義→世界の選挙投票風景 世界の子ども達 *清水書
院 【歴史】の学習の終わりにで生物誕生の歴史を1年間に置きかえると人類が現わ
れたのは12/31の午後4時30分の話、そして最後に「世界平和とすべての人々の基本的
人権」を訴えている 【公民】副題 日本社会と世界 見開き 世界の国々と1人あ
たりのGNI(国民総所得)の世界地図と国境を越えて共に生きる 青年海外協力隊
や国境無き医師団の写真 学習のはじめにでは、「序章現代社会に生きる」を2ペー
ジにわたって、黒柳徹子さんの働きも写真とともに2ページにわたって取り上げてい
る。また、第ニ次世界大戦時の地図説明では、どの教科書からも「日本軍のアジア侵
略」という言葉は消え、扶桑社以外の出版社は「日本軍の攻撃」に変わっていたが、
扶桑社のみが「日本軍の進路」と記述している。

★3日目6/30は、付録資料と1910年の大逆事件と韓国併合に絞りました。
 中学【公民・歴史】教科書の付録資料は、この教科書を使う生徒の今後の人生の指
針に欠かせないほど重要と思いました。
 まず、【公民】の、憲法をはじめ世界・日本の重要な宣言、条約、法律が何個資料
として掲載されているか、数の多い順番に書きます。①教育出版 31 ②東京書籍 
25 ③帝国書院 24 ④清水書院 23 ⑤日本文教出版 19 ⑥扶桑社 15(*扶桑
社版のように世界人権宣言、こどもの権利条約、情報公開法、男女共同参画基本法や
その他大事な法律を資料として省くべきではないと思った)
 また、資料の中で特にスバラシイと思ったのは、*教育出版の【公民】31番目の資
料です。それは、国の施設や政府機関、国際機関、裁判所などの公的機関の連絡先や
URLを網羅していたこと。同じく*教育出版の【歴史】の資料では、「歴史の宝
庫、博物館を利用しよう!」で全国の博物館、資料館の連絡先とURLを網羅してい
た。
 いよいよ、最後の【1910年大逆事件と韓国併合】の記述と年表記載です。
 【韓国併合】は全部の教科書の本文と年表に載っていましたが、【大逆事件や幸徳
秋水】についての記述・記載は*扶桑社の歴史教科書には、本文にも年表にも一切あ
りません。また、*帝国書院が年表に大逆事件記載無し、他の教科書は本文にも年表
にも載せていました。
 【韓国併合】では、*東京書籍が「朝鮮史、朝鮮語を禁じ、日本史、日本語を教
え、日本人に同化させる教育を行いました。」他の教科書にも 今のソウルが京城
(けいじょう)と呼ばれていたこと、韓国併合前年の1909年に初代韓国統監伊藤博文
が朝鮮独立運動家のアンジョングン(安重根)に中国ハルピンで暗殺されたこと、
1919/3/1に起った「朝鮮独立運動」に参加した15歳の女性ユクァンコン(柳寛順は翌
1920年に獄死している)のこと、その時のレリーフの写真など、いろいろ記載されて
いた。                             
                                      
       以上

 1945/8/15まで35年間も韓国を支配してきて、そのことの反省もないまま、つくる
会は他の出版社の歴史教科書を自虐史観などとよくも言えるものだと思いました。
 
 私が教育長だったら、扶桑社の歴史・公民は「もってのほか、とんでもない。」
と、一番はじめに外すと思いました。

岩崎美枝子(地球遊子ゆうし)
〒798‐4110 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2228
Tel・Fax・0895‐73‐1842
メール m_tusin@ybb.ne.jp
URL http://www1.odn.ne.jp/~cjh82640

教科書問題 大事だと思う。メーリングへの投稿 全然してない ごめん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Education Mail] 07/01/2005 06:00

リンク: [Education Mail] 07/01/2005 06:00.

<視点>宮城県の障害児教育に注目 矢倉久泰 ………………………………………………………………………………………((((Column  私が参加している障害児教育研究会は、宮城県が昨年12月に公表した「障害児教育将来構想(中間案)」に高い関心を寄せている。その基本理念が「障害の有無によらず、全ての子どもが地域の小・中学校で共に学ぶ教育を展開する」というものだからだ。これについて研究会は上京中の浅野史郎知事に直接説明を聞く機会があった。  浅野知事は旧厚生省の障害福祉課長時代から、障害児と健常児が共に学ぶ「統合教育」に関心を持っていたという。「いわば私のライフワーク」で、宮城県知事になってから具体化を模索し続けた。

これにコメントもできるのか。ココログは便利。

うちの千夏には無理な話かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)